スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイヤレタリング

今回、17インチ化にするにあたり、
Dトラッカーの純正ホイールを使用した。
EXCELのブラックリムで引き締まって見える。

ホイールがブラックだと、タイヤをホワイトレターしたくなってしまった。

用意したのは、“ポスカ”というマーカー。
文房具屋で入手可能。

Holtsあたりから専用マーカーも販売されていたが、
価格が高いのと、ポスカが中々評判がよく安価なのだ。

IMG_5688.jpg
無地

IMG_5689.jpg
塗り始め
かなり大雑把に塗る。

IMG_5691.jpg
仕上げ
塗るというよりは、インクを流す感じで塗装する。

一度だけだと、薄いので、乾いたら2,3度繰り返して塗るとよい感じになる。

IMG_5718.jpg

完全な自己満足なのかもしれないが、
かなりお気に入りなポイントとなった!

ただ、かなり気をつかう作業だった^^;


スポンサーサイト

ステッカー製作

こんなもの作ってみました!

IMG_5830.jpg

早速、ヘルメに付けてみました^^

IMG_5841.jpg
IMG_5842.jpg
IMG_5845.jpg

左がモタードで、右に林道。
ちょっとしつこいかな!?笑

てか、ヘルメット換えたい。。。
コレは、HONDAのFANGという2万円以下で買える物です^^;

今から6,7年前に、はじめてバイクに乗ったときに購入したものです。

耐久的にもヤバイよね^^;

次はSHOEIのHORNETあたりかなぁ~。
ゴーグルより、シールド派なのでw


前後17インチ

前後17インチ化できました^^
IMG_5760.jpg
IMG_5684.jpg

リアは、ポン付け♪

ハブ内部のカラーが違うため、メーターギヤは違うものを装着。

前後とも、IRCのRX-01を履いています!


塗装+ステッカー

KDXのリアフェンダーの塗装をしました。
塗料は、キャリパー塗装時に気に入ったダイソーのものを使用。

まず、紙やすり(耐水#400を使用)で塗装地を作る。
IMG_5745.jpg

その後、マーカーで軽くセンターラインを引き、
マスキングシールを貼る位置を決める。

IMG_5756.jpg

マスキングシール・ガムテープ・新聞紙でマスキング~。

んで、プシュ~と塗料を吹き付ける!

IMG_5758.jpg

一度で、色をつけようとせずに、薄く、何度も吹く。

マスキングは塗装面を乱すことなく、綺麗に剥がれてくれた(´ー`)

テールランプ用?の穴が空いているので、
黒のカッティングステッカーを○に切って、カモフラージュ。

IMG_5790.jpg
IMG_5791.jpg
IMG_5800.jpg

塗装したRフェンダをステッカーチューンしました。

両脇に白のストライプを入れて
真ん中にゴールドでメーカーロゴを貼りました!

若干、年式の古さをごまかせていますw

気分的には10馬力UP!笑

ホイール振れ取り

先日、組んだホイールの振れを取る。

IMG_5655.jpg

スタンドで車両を浮かせ、17インチに換装する。

IMG_5663.jpg
IMG_5665.jpg

スケールとタイラップを使用して、ホイールの振れを確認すると、
なるべく均等になるように計算しながらやったためか、
大きな振れはなく、縦方向と横方向に一箇所のみ振れが生じた。

スポークレンチが見つからないため、スパナを代用。
振れ取りは始めての体験なので、ネットで集めた情報で
見よう見真似でやってみる。

・・・・・・・・・・・・。

ホイールがぐにゃんぐにゃん波打ってしまったorz

どうやら上下で締める方向を間違えてしまったようだ^^;

仕方が無いので、もう一度、車体から外し、
スポークを緩め、締めなおしてやった。

まず、左右のブレを取り、その後、上下方向のブレを取る。
そして、また左右と・・・・数回繰り返したが、
上下方向のブレが完全にはなくならなかったが、許容範囲の±2mm内に収まっているので、諦めたw

時間と気力があれば、何とかできるもんですが、
走行中に緩まないことを願うばかりですwww


ホイール組み

というわけで、Fホイールを組み上げました。

IMG_5294.jpg

難しいように見えて、組めるようにしか、組めないので意外と楽。

車のホイールナットの要領で、対角線上に均等にスポークを締め込むことで、大体のバランスは取れる。

もちろん、タイヤを組み込み前に振れ取りもしないと危険です。


HID装着

DR-ZにHIDの装着をしました。

写真は、ハロゲンバルブPH7 35W/36.5W
KDXと同じものですね^^;
暗いです。。。

IMG_5700.jpg
IMG_5695.jpg
IMG_5696.jpg

白く写ってますが、実際はもっと黄色がかっています。


IMG_5702.jpg
我がガレージでもお決まりの姿w

MTX、KMX、KDXも同様に、外装を脱がされたwww
バッテリーから配線を伸ばすので、
タンクまで外しましたよ~

カウルよ、ぶら下げてしまってすまん^^;w

IMG_5704.jpg
ちなみに、バラストなどは、写真に写っているように
ライトカウル内に収めた。

今回用意したのは、25WのHi/Lowスライド式6000kのもの。
送料込みで5000円ちょっとで購入。

他の商品のインプレでは、クレームが多いものの、
今回買ったのは、“絶対壊れない”が売り文句なので
ほとんどクレーム無し。

本当はKDXに購入したので、25Wをチョイスしたが
DR-Zはバッテリーがあるので、35wでもよかったのかなぁ・・・と。

ちなみに35Wのほうが安く買えるwww

IMG_5716.jpg
IMG_5714.jpg
IMG_5715.jpg


写真では、青く見えますが、実際には純白です。
ちなみに、HIDは6000,8000,10000,12000から選べた。
6000が基準の“純白”、数字が大きくなるほど青くなり、
数字が小さいほど赤みがかってくる。
8000kが人気あるそうだ。
8000kを買えばよかったと少し後悔・・・orz

でも、ハロゲンに比べ、周りが明るくなったので満足^^
消費電力もハロゲンの半分以下らしいよ。

ハブ互換

17インチを組むにあたり、
KDXとDトラのスポーク径が違うため
ハブの加工が必要となる。

IMG_5259.jpg

写真でもわかるように、
Dトラのスポークのほうが、1.3~5倍ほど太いです。

IMG_5253.jpg

電動ドリルで、ハブの穴を拡張。

IMG_5272.jpg

その後、サンドブラストで
ハブ自体を清掃して完了!


モタード化

IMG_5250.jpg

モタード化にするにあたり、全ての部品が揃った。

IMG_5251.jpg
IMG_5247.jpg

純正21インチホイールのハブを流用するので
スポークを切り離した。

実は、この作業は年度末にやってたような気がする・・・

既に完成してたりして・・・w

ヨシムラ!

DR-Zが車検から戻ってきたので
早速、ヨシムラのフルエキを取り付けてみた。

IMG_5669.jpg
IMG_5670.jpg

余談だが、今回、赤男爵にて車検お願いしたのだが、
“タンク・外装脱着”として、3500円も取られた。
コレって、基本車検工賃に入らないの?・・・
てか、エアフィルターの清掃したようだが、
カバーをあけたら、ゴミや虫が入ってるのは何故?
こんなことなら、行きつけのバイク屋にだせばよかったと後悔。。。

IMG_5633.jpg

さてさて、本題だが、純正マフラーは2分割なのに対し、
ヨシムラは4分割と多い。
その分、交換するのは面倒臭いのは言うまでもないw

IMG_5672.jpg

DR-Zは純正ネジが、六角穴が多いので、自分の持っている
六角レンチでは長さが足りなかったり、力が入らなかったりと、苦戦。

ワッシャーやスペーサーなど多々付属しており、
説明書が無かったので、フィーリングで取付!w

無事、取付が終わり、エンジンを掛けてみた所、
最初から音が違う!

IMG_5675.jpg

軽く試運転したところ、他の人のインプレどおり、
シフトダウン時に、アフターファイヤが轟く。

ま、コレもコレでいいかな!
エアスクリュー調整で、マシになるというので
このままでいきましょう^^

IMG_5676.jpg

それにしてもチタンエキパイがレインボーに輝いてカッコよいな(´ー`)

スタンド比較

先日、ヨシムラマフラーを引き取りに行った際に譲ってもらったスタンドと
先日、アストロで購入したスタンドの比較をします。

IMG_5652.jpg

DRCの2段階タイプのもの。
車体は垂直になるものの、前後タイヤは完全には浮いていません。

IMG_5653.jpg

アストロ製スタンド
車体が垂直、尚且つ、前後タイヤ浮きます。

前オーナーはDR-Z400SMに使用していたとのことですので
モタードにはちょうどよい高さなのかもしれません。

DR-Zが返ってくるまでネタもないので、
そろそろ秘蔵ネタいきますか・・・・(謎?w)

気づいたら、今年度はじまりましたね!
エイプリルフール?

完全に忘れておりましたwww

あ、4月から活動休止の予定だったのですが、
思いの他、結果がよかったので、もう1,2ヶ月はバイク乗れそう(弄れそう?w)です^^


シュラウドとDR-Z

KDX125SRのシュラウドを変更してみた。

IMG_5599.jpg

“TEAM CHEVY TRUCKS仕様”
どんどんワイルド路線に走ってますw

やはり、オフロードバイクたるものワイルドでなくては!

(ちなみに、シボレーが好きという訳ではない^^;苦笑)


たまには、DR-Z400Sもネタにしなくては。。。汗
ちなみに、赤男爵で2008年に'04年式を購入。
ツーオーナー目になるのだが、今のところ不具合は出ていない。
ちなみに、現在、赤男爵にて初回車検にだしています。
時間があればユーザー車検ってのもtryしたいんですけどね^^;

最近、KDXばっかり弄っていたが、車検から帰って来たら
2点、3点と部品を換えてやろうと思っている。
ちなみに、現在はDRCのフェンダーレスKITくらいしか交換していない^^;

んで、今回、用意したのは・・・・・

・2.2A 25W HIDキット
IMG_5649.jpg
IMG_5651.jpg

ヤフオクで、“絶対壊れない”が売り文句のものを購入。
PH7/8・H4にも対応していて、Hi/Lowも切り替えできる25Wは数少ない。
前々から調べていて、“壊れない”と評判が良いみたいなので、購入に踏み切った。
KDXも恐ろしいほど、ライト光量が少ないが、
DR-Zも純正で車検が通らない可能性もあるという暗さ。
できれば、車検前に取り付けたかった。

本当はKDX用に購入したんだけど、
DR-Zも弄ってあげなきゃ・・・ね?w

・ヨシムラ トライコーン フルエキ(チタン)
IMG_5633.jpg

中古相場も5万円以上するのに、35000円で入手できた。
ちなみに掲載されて、8分でメッセージ送ったところ、
一番早かったらしく商談させていただいた。
しかし、直接取引の際に聞いた話だと、二番手の方とは数分しか差がなかったようだ!

長男の引越しのため、日曜の早朝に引き取りに行ったのだが、
オマケとして、下記の2点も無料で譲ってくれた!
ただでさえ、中古相場より安いのに・・・
なんか逆に申し訳ないですw

・DR-Z用ハイスロットル

・DRC オフロードバイクスタンド
先日、アストロのを購入したばかりだが、ありがたく頂戴した♪
2段階式なのだが、アストロのものより低いので、
MTX/KMX/DR-Zにも、問題なく使用できる!


早く車検から帰ってきてくれないかな~

知人の・・・

知人のKDXを拝見しに~。

IMG_5636.jpg

私と同じKDX125SRを、ほぼ同時期に購入。
仕様も、スイングアームが上位機種、後期リザーブリアサスと
若干似ているのも感じるw

しかし、ここで大きく差をつけられた・・・・。

社外チャンバーを入れられてしまったorz
(って、購入したのも、着けたのも、自分ですけどw)

IMG_5637.jpg

プロスキルのスチールなのですが、
めちゃんこ軽いンです!

んで、装着後の第一感想は・・・・・

“めっちゃいい音奏でてますやン!”

スチールでも、あんな気持ちいい音するんですね^^;

IMG_5641.jpg

耐熱チタンカラーで仕上げてますので、見た目も上品ですし。

その後、キャブセッティングしました。
メインジェット#130の手持ちがあったので、
持っていって取り付けたのですが、何故かエンジンかからず・・・。
*もちろん清掃済みです。

仕方がないので、純正に戻しました。

しばらくは純正セッティングのまま乗ってください^^;

ちなみにキャブセッティングの際、
ガソリンをタンクに戻そうとして、樹脂部品も一緒にタンクの中へ・・・。
運が悪いことへ、ほぼ満タンw
給油前にタンク逆さにして、取り出しますorz

IMG_5634.jpg

その後、知り合いのガレージへ。
中華124ccエンジンに載せ変えるべく、
ベンリィの純正エンジンを外し、軽トラでトランポ。

メタボさんの愛車達が段々とチューンされていきますwww

お買い物♪

KDXスナップ。
IMG_5555.jpg
IMG_5558.jpg

先週中に購入したもの達~。

IMG_5572.jpg

まずは、アストロプロダクツのセール品。
“オフロードバイクスタンド”
3480円也!
尚、今回は、金利・手数料はジャ○ネットが負担!
(って、違うかっ!苦笑)

感想は・・・

ハッキリ言って、楽チン!

けど・・・・

MTX:ダメ
KMX:ダメ
KDX:OK
DR-Z:ダメ

何がダメかというと、スタンドがエンジン下にはいらない。
もちろん、スタンドの上に車体を持ち上げれば
問題なくしようできるが・・・・。

IMG_5574.jpg

スタンドを加工しようかとも思ったが、
KDXが入るからヨシとしましょうか。

それにしても、DR-Zでもスタンドが入らなかったとは以外。。。
てか、KDXのほうが腹下が高かった♪


先週、大型ホームセンターが開店したので
特売セールを行っているので買いだしに。

IMG_5563.jpg

パーツクリーナー 特売98円×6本 588円
グリーススプレー 特売98円
洗車用スポンジ(食器用w)5枚組み 特価49円
ガスバーナー 特価980円
グラスウール 85円

一番助かるのは、パーツクリーナーが98円だということ♪
消耗品なので大助かり、これからまた、買い足しに行きますよwww

グリース、スポンジ、バーナーは衝動買い!

グラスウールは85円なのだが、サイレンサー5本分くらいはある。
メーカー品を購入すると、一本分で1,000円ほどとお高いんだよね~。

徹夜

えぇ~まず、金曜の夕方以降にさかのぼります。
ブレーキホースが届かず、予定が狂ってしまった。

土曜、ブレーキがついてないので
自宅に持ってくることができず。

長男の進学先が決まったため、東京へ下宿先を探しに~。

23時帰宅。

即、祖父宅へ。

昼過ぎにはブレーキホースが到着していたようで

“初の徹夜作業決定!”

ガレージの蛍光灯の下で作業をしていたのだが、
暗く、風が当たるので寒い・・・。

今回、使用したブレーキフルードは
ホンダのDOT4のもの。
ホームセンターで500mlで980円で売っていた。

IMG_5536.jpg

ブレーキホースは、ステンレスメッシュのもので
160cm、55cm:各1200円
ブリーダボルトの銅ワッシャー40円×8枚:320円
送料込み約3000円。

購入前は、派手なホースで嫌だったのだが、
届いて見ると、細く、綺麗な色合いで大満足♪笑

作業内容はコレといって、変わったことはしてないので省略。
強いて言えば、エアを抜くために、ブレーキレバーを
タイラップで握った状態で固定し、一晩放置。
この作業をすることで、エアがマスタシリンダのほうへ上がってきて
エア抜きがしやすくなる。

ちなみに23時過ぎから始めた作業だが、
深夜2時を少しまわったところで作業中断。
ビビリな俺には、この時間作業をするのは厳しいと判断したため^^;笑
田舎なので、ボロイ民家+草木の音でめっちゃ怖いっす・・・。
IMG_5544.jpg
IMG_5547.jpg
IMG_5549.jpg

早朝5:30には作業再開。
タイラップを使用したためか、エア抜きは楽に終わった。
ただ、リアブレーキはひたすら、踏みまくる。

IMG_5543.jpg

6時頃には、試乗できる状態になったので、
近所の駐車場(もちろん民家からは離れてます)にて軽く試乗♪
ブレーキはまずまずな仕上がり!
エンジンも吹き上がり良好!
ただ、ステップが付いていない状態で試乗しているため
ギヤチェンジが大変^^;

何とか自宅まで持っていけそうな仕上がりだったため
そのまま乗って帰ることに。

200mほどしか走っていないところで、緊急事態発生。
チェーンが外れてしまったのである・・・。
それもジョイント部が外れて飛んでしまったみたい。。。
もしかしたら、クリップの向きを間違えていたのかも!?

仕方がないので、KDXを祖父宅に戻し、6:45帰宅。

睡魔が襲ってきたため11:00まで熟睡。

朝食兼昼食を食べてから、南海部品へと向かう。
今回、KDXに使用していたチェーンは、
RKのBL520RXという、ちょっと高価なブラックチェーン。

本来であれば、BL520RX用のジョイントを購入しなくてはならないのだが、
売っていなかったのと、ノーマルの520RX用ジョイントのほうが200円ほど安いので、
ノーマルのものを購入。
ジョイント部のみシルバーになってしまった。

しかも、“圧入クリップ式”というものなので
専用工具がないと、ジョイントをつけることができない。
もちろんチェーンの専用工具なんぞ持っていないので、
行きつけのバイク屋にて、圧入してもらった。
作業工賃300円。

IMG_5553.jpg

チェーンの取り付け不注意?で773円の出費。

嬉しいことに明日は、フリーなので
チェーンの取り付けを行いたいと思う。

あぁ・・・またスイングアーム外すのかorz

近況報告⑤

先日は3月にも関わらず、雪が舞ってました。
私は休日でよかったぁ^^

んで、雨か雪なら作業をしない予定だったのだが、
プラグの発火チェックしたところ、
火花が物凄くでたので気持ちが抑えられず、
雪のなか、車両保管してある祖父宅へ。。。

到着してからは、あまりの寒さに屋内でSMを熟読。

それから、ビンと2stオイルを持って、
近所のGSまでKDXを押して行く。

ビンへの注入とタイヤの空気入れにも快く応じてくれた。
*たまに、タンク以外には給油してくれないとこあるんですよね^^;
エア圧調整はセルフかと思ったのだが、
エア圧を伝えると調整してくれた♪

エンジン始動とオイルポンプの点検のため、
今回は2リッターだけ、混合ガソリンを使用する。

キーをOFFにして、10回ほどクランキングさせ、
キーをまわして、キック、キック、キック・・・・
キック計50回ほど、押しがけ10往復程度。。。

全く掛かる気配ありません^^;
再度、プラグチェックしたが、火花はすこぶる調子よい。
KMXについていた、NGKのVプラグというものらしい。

とりあえずキャブを取り外し、チェックしてみる。
恥ずかしながら、キャブの清掃というものは初体験である。

スロージェット詰まってました・・・。

エンジンにガソリンいかない訳ですね^^;

細い針金で詰まり解消し、車体に取り付ける。
インマニ・エアクリと約1時間の死闘。
何とか取り付けることができた。
今までで一番時間を掛けてしまった(;´Д`)

んで、キック3発くらいかなぁ・・・
ついにエンジン始動しましたよ!!!

IMG_5528.jpg
組み立て時に散布するオイル+混合ガソリンで
白煙もくもく・・・・。
土手の上なので、全く気にしない♪笑

IMG_5531.jpg
電装系統のチェックも一通りしたが、問題ない。
あ、ハイビーム時の豆ランプ?が点灯しなかった。
が、切り替わったので特に気にしない。

IMG_5530.jpg
真後ろから見ると若干フレームが曲がっている。
だが、KDXはサブフレーム交換できる車種なのだが、
特に気にならないし、ウィリーで失敗し、またフレームを曲げる可能性もあるので
このままでいいや。

それはいいとして、早速だが、不具合!?を見つけてしまった。
アイドリングをしていると、サイレンサーのドレンホースからも
排気してるし・・・ま、これは仕方ないとして
チャンバーのヒビから白煙+墨汁が・・・。

あぁ・・・耐熱パテ買わなくちゃだな。
とは言っても、使うのは極僅かだから、近所の板金屋で
ちょっと金払ってわけてもらうかな・・・。

ブレーキのステンメッシュホースだが、
最低でも160cmは必要なのですが、ラインナップは150cmまでなので
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m66344786
↑コレを購入してみようと思う。
価格はBKの1/2とリーズナブルなのが、
ステンシルバーと青/赤アルマイトという派手さ。
モタードには良いかもしれないが、
オフロードにはちょっと派手かもしれない。
だが、買わなければいけないものだし、
好みのカラーを買うとすると5000円ほどしてしまうため
今回はコレで我慢したいと思う。。。


近況報告③

先日はオイルなどを投入したり、
排気系を取り付けた。

今回は、
2ストオイル・・・ヤマハ
冷却水・・・KYKのLLC
を使用した。

オイルタンクと冷却水のリザーブタンクの
ドレンホースって必要なの?
邪魔だし、取り回しがわからなかったので
取り外してしまったのだが・・・・。

IMG_5522.jpg

今回の作業写真。
隠れていたフロントフォークの腐食が・・・^^;笑

IMG_5527.jpg

あ、チタン風純正チャンバーどう!?
完全に自己満足ですが。。。


前後ブレーキホースとも、漏れはないようなのだが
折れ曲がっていたり、ささくれているので
ホースを新調しようと思っている。
本来であれば、スウェッジラインなどのブランド品がよいのだが
今回は、http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c221601012を
購入しようかと思う。
ステンメッシュなので、少しはよくなるとは思うのだが・・・。

長さを測り忘れたので、注文するのは明日かな?^^;


近況報告③

昨日も雨・・・
二日連続で中腰で作業したためか
今日は持病の腰痛が。。。

特にコメントすることもないので、
写真で判断してください^^;

IMG_5513.jpg
昨日の状態

IMG_5516.jpg

今日の状態

あ!
強いて言うなら、ケーブルの取り回しに無理ありすぎじゃない!?
それとも俺が下手なだけ?

スロットルケーブルやハーネス類、何回外したことか・・・・


近況報告②

今日は朝から雨・・・
明日も雨らしい^^;
さらには、来週中は雨・・・

しかし、今年度中に作業を終わらせるために
KDXを弄らなくては。

今日は、いろいろとした。

・フレームを1階ガレージに降ろした
→階段で足を滑らせた。走馬灯のように、フレームを落として、塗装がはがれたKDXの姿が見えた。が、奇跡的に階段を踏み外さなかった。

・フロントフォークの装着。
腐食のせいか、なかなかステムに入らなかった。
バールで広げたり、556を吹き付けて、何とか装着。
突き出し量は15mmにした。

・チェーンの清掃
今回は、520サイズのチェーンを譲ってもらったので
灯油で洗浄清掃した。
RKかDIDのブラックチェーンで足回りが引き締まった。

・スプロケを520コンバートに。
純正の428サイズと比べて、ひとまわり大きくなった。

・各部品の装着
スタンド、ハンドル、保安部品、エアクリなどを取り付けた。
ハーネスは、サービスマニュアルがあるにも関わらず
理解ができなかったため、放置。

IMG_5511.jpg

写真は作業に夢中で一枚しか撮らなかった。
1階に降ろして、フォークをつけて
チェーンを装着しようとスイングアームを外したところかな?


近況報告

先日は午後からフリーだったので、
溜まっていた取引のお金を送金しに、郵便局へ。

その後、昨日の雨のおかげで
遅れていた作業を取り戻すべく祖父宅へ。

IMG_5491.jpg

エンジンのナットは鉄→ステンレスへ変更。
錆びるの嫌だし、ルックスもいいでしょ!?
左:ステン、右:純正

IMG_5497.jpg

フレームにエンジンを乗せ、
ラジエーター、リアショック、スイングアームを取り付けた。
手がモリブデンとリチウムグリスでベタベタ~。


IMG_5487.jpg

あ、今回はグリスもちゃんと購入した^^
ホームセンターの安物だけどねorz
リチウムグリス・・・ベアリング類
モリブデングリス・・・シャフト類
と分けて使用することにする。
グリスとしては、モリブデンのほうが性能がいいみたいだが、
粒子がリチウムと比べ、粗いため、ベアリングを傷つけてしまうような。

KDXカスタム⑥

どうせ、レストアするなら・・・
勢いってのは恐ろしいものです^^;

・フレームラッカー塗装
・二液ウレタン吹き付け

実は、前々からフレームを塗装していました^^;
マイミクの方から、A1のフレームを譲っていただき・・・・

フレーム塗装の手順は
・フレーム脱脂洗浄
・錆落とし
・ヤスリがけ
・脱脂
・ラッカー塗装
・やすりがけ
・二液ウレタン塗装
です。

・まず、フレームというのは、どうしても
オイルや泥などが、固まっています。
水で普通に洗車→パーツクリーナーで油分脱脂。
真鍮ブラシが役立ちます。

IMG_5396.jpg

・初期フレームなので、どうしても錆が発生していました。
グラインダー・スポンジやすり・真鍮ブラシで削り落とします。

・このヤスリがけというのは、錆や汚れを落とすのではなく、
フレームに塗料が乗りやすいようにするためです。#40でゴシゴシやりました。

・塗装前の最後の脱脂です。油分はもちろんのこと、やすりがけででたカスなども拭き取ります。

IMG_5422.jpg

・今回は、シャーシブラックを使用しました。
プラサフ効果もあるみたいですし、塗膜が分厚いのでチョイス!
何より、298円/本というのが魅力的。

IMG_5425.jpg
今時の仮面ライダーって、こんな感じのカラーリングだったよね^^;

IMG_5428.jpg
・このヤスリがけは、二液ウレタン塗料が乗りやすくするために行います。
耐水#400を使用。ラッカーが完全硬化してからの作業です。

・フレームたるもの、オイル・フューエルが垂れるので
対油効果のある、二液ウレタンで仕上げ塗装です。
一本、2000円近くするスプレーですが、
その分、粒子が細かく、多少厚く吹いてもムラになりにくかったです。
もちろん塗膜も厚い!
IMG_5481.jpg

前後のブレーキキャリパーも仕上げ塗装します^^
これでブレーキフルードにも負けない、ゴールドキャリパの完成♪

多少、ラッカー塗装の際、ムラがでてしまった。
ブラックなので、あまり目立たないのが不幸中の幸い。
それほど満足の行くものではないが、何事も経験だ。

KDXカスタム⑤

私のKDX125SRですが、KDX200SRのフロントフォークを装着します。
よって、ステム・トップブリッジごとの交換になるのですが、
ここで問題発生。

KDX125のロアベリング:28×52
KDX200~250のロアベアリング:30×55

つまり、KDX125に上位車種のステムを取り付ける際には、
30×52のベアリングが必要になってくる。

この30×52という、テーパーローラーベアリングは
珍しい?のかベアリングの一般通販では購入できません。

ちなみに、Z1/Z2なども30×52を使用していますが、
純正では、ボールベアリング、社外のテーパーローラーベアリングでは
上下セットのため、5000円ほどする。
30×52が二つ入っているのであれば、構わないが、
使えないサイズとなると。。。
ちなみに、RCエンジニアというメーカーが販売しています。

そこで、何気なく、手持ちのパーツリストみたら
30×52のテーパーローラーベアリングを使用している車種を発見!
すぐさま、純正部品の見積もりしたら2100円とのこと。
迷わず購入決定^^

IMG_5418.jpg

*車種が気になるようでしたら、コメントくださればお答えします。
ここに記載して、ヤフオクなどで転売されたら気分悪いので。
既に転売している人もいますけど^^;


ベアリングを交換するとなると、
もちろんレースも交換する必要がある。
ところが、この作業がかなりしんどいものに・・・。

金槌と大きめのバールをフレームの首の部分に突っ込み、
ひたすら、ベアリングレースの外周を叩く。
トップブリッジ側は数分で外れたが、
ステム側は試行錯誤で3時間ほど掛かってしまった。
*A1のステムベアリングはテーパーローラーなので、
ボールベアリングのレースに比べると、外周面積が小さいため。

IMG_5414.jpg

やっとの思いで外したベアリングレースとの記念撮影。

その後、ステムベアリングの打ち込みをする。
約20時間も冷凍庫でギンギンに冷やしておいたステムシャフトへ、
ベアリングを装着し、昨日、購入した塩ビ管を使い、
金槌で上から叩き込んだ。

IMG_5486.jpg

冷凍したせいか、すんなりと打ち込めた。

フレームへレースも打ち込んだが、写真を撮り忘れてしまった^^;笑

KDXカスタム④

2月も残す所、あと数時間。
果たして、KDXは今年度中に公道レビューできるのか!?
*とは言っても、登録は4月2日以降ですが^^;笑

・前後キャリパのブラスト
・塗装

今回は、前々から用意してあったキャリパをブラストする。

IMG_5446.jpg

ブラストの砂は、アルミナをしようしたため、
ガラスビーズを使用したときより、マッド感がある。

今回は、塗装下地作りのためのブラストなので、
あまり気にしないで行きましょう!笑

IMG_5460.jpg

バイクのブレーキキャリパとは言え、熱を持つので
手始めに、先日の耐熱クリア(ヤマハME-5)でコーティングする。

IMG_5474.jpg

その後、前回同様にストーブの上にて焼付け~。

当初の予定では、APレーシング風にグレーの予定だったのだが、
日信のロゴが入っているため、オリジナルにした。
日信HPの製品群にて、シルバー・ゴールド・ブラック・ブルーが
存在することを確認。
シルバーだと、純正なので却下。
ブラックは、フレームと被るので却下。
ブルーは・・・・勘弁してくれ。
よって、ゴールドに決定!
最初は、ゴールド=ブレンボのイメージが強く、
あまり気が進まなかったが、日信オリジナル風に仕上げることに。

IMG_5476.jpg

今回、用意した塗料(左から)
・タミヤ メタリックブルー
・タミヤ メタリックレッド
・ダイソー ゴールド

このダイソーのスプレーだが、
今日の作業で、俺のなかでは好評となる。笑
食いつきもよく、発色が綺麗。
尚且つ、ムラになりにくい印象が残った。

RCボディ塗装に使用する、タミヤスプレーで
日信のロゴを塗装する。
今回は、マスキング面倒なので、紙に塗料を吹き付け、
筆で色を乗せる感じ。

出来栄えも、満足行く結果となった。

しかし、このままだと、ブレーキフルードに
塗膜が侵されてしまうので、二液ウレタン塗料を
吹き付けなければ・・・。


KDXカスタム③

まず、今回の作業は満足できた^^
貧乏チューンの極みですわ!笑

・純正チャンバーの焼き色再現

IMG_5345.jpg

カスタム①の続きから~

今回、用意したものは・・・
純正チャンバー、電動ドリル、
ワイヤーブラシ、脚立、ガスバーナー、耐熱クリアー塗料
*ガスバーナーはキャンプ用のものでok!
自分は友人から拝借したので、ガスボンベ代のみで済みました^^
IMG_5441.jpg

以前の作業から大分、時間がたっているので
ワイヤーブラシで再度、磨いてから
ガスバーナーで焼き色を再現した。

IMG_5430.jpg
IMG_5433.jpg

実は、当初の予定では、溶接痕のみに焼き入れしたかったのだが、
無理と判断したため、チタン風チャンバーにしてみた。
*昨日、見かけたDトラ125用のチタンサイレンサーをイメージ。

IMG_5434.jpg

脚立などでチャンバーを吊るし、
全体的に満遍なく、耐熱塗料を吹き付ける。
今回使用したのは、ヤマハ純正のME-5クリアーという耐熱スプレー。
1400円ほどで購入できるが、粒子がとても細かいので
非常に塗装がしやすいように感じた。

IMG_5435.jpg

塗装は3回塗り重ねた。
塗装が終わったら、焼き付けする。
この塗料は、150度で15分間焼き付けなければ完全硬化しない。
本来であれば、車体に取り付け、普通に乗れば硬化するのだが、
エンジンが掛けられない状態なので、ストーブを使った。

IMG_5436.jpg

脚立の間にストーブをいれ、チャンバーを吊るした状態。

IMG_5438.jpg

完成です。
どう!?
社外チャンバーみたいでしょ?
耐熱塗装で、鉄自体が重たい感じがして、
焼き色も綺麗になってくれた。

作業をしていて思ったのだが、
純正のチャンバーガード固定用の雌ネジ外しておくべきだった^^;
より一層、純正感が漂ってしまった・・・笑


KDXレストア⑩

時間が欲しいな。。。
てか、自宅に機材がないというのは不便だ。
ブラストができないから、次へ進めない・・・

・フレーム切断
・webikeにて部品発注

まずは、フレーム切断。
ヘルメットホルダーはハンドル周辺に付ける予定だし、
軽量化にも繋がるので男らしく切断する!

フレーム切断=男!・・・けど事故車扱い!?汗

何故か、ヘルメットホルダーはよく飛ぶらしい。

IMG_5405.jpg
IMG_5420.jpg
上:加工前、下:加工後

切断してみると、サッパリしてGooo!

IMG_5413.jpg

純正部品など~。
webikeにて、注文。
1万円以上で送料無料なのだが、総計で7000円弱。
しっかり、送料払わされましたが、
その数時間後・・・・・

期間限定5000円以上送料無料

・・・
・・・・
・・・・・
(;´Д`)乙


KDXカスタム②

KDXカスタム第二弾は
・多気孔プレート

“多気孔プレート”とは?
2st独自の改造で、リードバルブにパンチング板をとりつけ
その穴により、燃料の乱流を起こし、霧状にする。
霧状になることによって、燃焼しやすく、
低速トルクUPにつながるというものだ。
低速UPが向上することによって、ゴー&ストップの街乗りでは
燃費向上も図られる。
理想としては、キャブ側の穴径は大きく、
エンジン側は小さい穴径である。

今回、用意したのは
ダイソーで購入した、アルミパンチング板0.4mm厚
*工具コーナーに置いてあります。

彫刻等で樹脂部品に溝を掘り、
パンチングシートを適当な大きさにカット。

IMG_5357.jpg
IMG_5372.jpg

これだけです^^;
インプレッションでは、かなり効果が体感できるようです。

が、

私のKDXは現在バラバラなので・・・orz

IMG_5355.jpg

ちなみにリードバルブがちょっと、歪んでいて
完全に閉じなくなってしまったので要交換なのだが
エンジン始動確認できるまで我慢!笑

無事に乗れるようになったら、ボイセンのパワーリードバルブでも
いれてあげましょうかね^^

KDXレストア⑨

久々の更新。

なんかここ数週間の大事な休日、
無駄に過ごしてしまった・・・。
ただでさえ、残り時間が少ないというのに。。。

あ、今年度いっぱいで一時、活動休止?する予定なので
もう残りの時間はわずかです・・・・。
念願の公道走行までたどり着くのか!?

・フロントフォーク研削

今回は、KDX上位車種である、
KDX200SRの倒立フォークassyを用意した。
ステムベアリングの関係とかもあるが、
後々、説明します。

【メリット】
・両ダンパー
・性能ヨシ!

【デメリット】
・アウター腐食
・チョッパーになる

カワサキ車は錆に弱いことで有名。
しかし、アルミのアルマイト皮膜も弱かった・・・。

IMG_5270.jpg

なんか、木の幹みたいでしょ!?

皮膜が腐食して、ボロボロに盛り上がってしまっています。

盛り上がったことにより、ステアリングステムや
トップブリッジからフォークを抜く作業がとても困難でした。。。

IMG_5374.jpg

しかし、アウターがこんなにボロボロなのですが、
インナーには、錆もオイル漏れも見当たらないため
このまま使用します。

アウターチューブ折れそう・・・笑

スクレーパーで豪快に剥ぎ落とし、
棒ヤスリで豪快に削ります。
強情な奴にはグラインダーで・・・・。ニヤリ

IMG_5375.jpg

とりあえず、ささくれている部分は排除。
問題は凸凹だ・・・・。
応急処置として、パテで埋めてしまい、ステッカーで隠すか?

IMG_5380.jpg

祖父宅の二階のベランダ!?で仮付け~
よく考えたら、二階なので、降ろせないな・・・・笑

P.S 年度中のRC復帰は無理みたいなので、借りていたものを返しにいかなくては・・・。
ラジコン関係で閲覧している方々、申し訳ないです。

KDXカスタム①

レストア中ではありますが、カスタムを~。

・チャンバー磨き

先日、焚き火でカーボンを除去したチャンバーを磨いてみた。
----------------------------------------------------------
2stエンジンはチャンバーを交換するだけで
純正とは比べ物にならないほどのヤンチャなパワーが得られる。

しかし、下記の点から、社外品には交換できない。

・大音量なため、住宅街ではアイドリングすら気を使う。
・抜けがよくなり、燃費が悪くなる傾向がある。
・高価。中古でも3万近くにもなる。
-----------------------------------------------------------
なので、社外チャンバーのようにピカピカにしてみよう。
とはいっても、社外品はステンレス。純正はスチール。

IMG_5344.jpg
焼き前のチャンバー。

IMG_5337.jpg
早速だが、サンドブラスト処理後。
白く間の抜けた色になる。

IMG_5339.jpg
エンジン排気側付近は錆が凄いため
時間がかかるので一部分しか落としていない。
落としきれなかった箇所は、ワイヤーブラシとリューター砥石で。

IMG_5342.jpg
左:ワイヤーブラシで研磨後
右:ブラスト処理地

IMG_5345.jpg
勢いで研磨。
もうちょい丁寧にやれば、メッキに見える!?

スチールなので、このままではすぐに錆びてしまう。
対策として、既に耐熱スプレーを発注してあるので
次回、レポートします。








KDXレストア⑧

年明け初の作業は
・キャリパーのピストン抜き

知人のMOTOGARAGE宅で、エアコンプレッサを借りて
ピストン抜きの作業を行った。

キャリパのボルトを外し、エアーダスターガンで空気を送る。

IMG_5278.jpg

“ポンッ!”と気持ちのいい音と同時に
2つのピストンが抜けた。

この際、ピストンが飛び出すので
決して指や手を入れないで、ウエスなどで押さえる。

気になるキャリパーのシールは・・・

IMG_5286.jpg

しっかりフルード液が付着していて、劣化はないみたいです。

ちなみに1年近く放置してあったものらしいです。

キャリパーはブラスト掛ける予定なのだが、
その後、塗装までするかは未定・・・。

塗装の場合は、
APみたいなガンメタ
ブレンボみたいなゴールド
だな^^
もちろん文字は別の色で塗装。

レストアというよりカスタムに近いかも?
しかし、動くようになるまでは、“レストア”ですので^^;

レストア必需品!?

ついに買いましたよぉ~。

サンドブラスト。

1377269474_222.jpg

IMG_5265.jpg

本体1350円+送料630円→1980円
砂20kg2400円+送料700円→3100円
ジョイントカプラ260円

合計5340円

まぁコンプレッサー持ってないんですけどね^^;

そこは借りるということで。笑
belair00(友人^^;)宅にもあるし、バイク屋にもあるし、
クレストにだって、あるんですから!

これで汚れている部品が綺麗になりますよん♪

IMG_5263.jpg

キャビネットは、自宅にあったケースで自作するという方向で・・・・
節約節約。笑

何?
ケチだと!?


・・・・・


あはは、はは



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。