スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


KDXレストア③

さて、本日の作業は
・KIPS解体
・シリンダーヘッド取り外し


IMG_5189.jpg
先日、belair00協力の下、取り外したエンジン。
とりあえずパーツクリーナーで固着したオイルを拭く。

IMG_5190.jpg
排気バルブレバー?側をあけ、動作確認。
特にカーボンが詰まっているわけでもないし
固着もしていない感じ。

排気バルブの一部のナットが逆ネジだったので注意。

IMG_5192.jpg
そして、人生初のシリンダーヘッドご開帳♪
ナットが固着していて、メガネをプラハンマーで
ショックを与え緩める作業となった。

IMG_5195.jpg
早速、ピストンを確認。
キックが重たいので、軽く焼きついている(抱きつき)のかと
思いきや、ピストン・シリンダーには傷すらない!
それに見た感じ、ピストン・コンロッドのピンやベアリングも
新しい感じがした。

また、ピストンリングも比較的綺麗だったので
もしかしたら腰上OH済みかも!?

IMG_5194.jpg
ただ、クランクシャフトの一部が錆びていた。

早速、行きつけのバイク屋にエンジン一式を持っていったところ
予想通り、
「一度オーバーホールしてあるんじゃないかなぁ」とのこと。
問題のクランクベアリングの件もサビの件も、問題ないような気がするとのこと。
ここはプロを信じましょう^^

いやぁ、これは嬉しい誤算だった♪

とりあえず、腰下割る予定は無しに。


しかし、あの異音と振動は!?
考えられる原因
・異常な排気漏れ
・チャンバーがフレームに固定されていなかった
・単純にセットミス

とりあえず、エンジンはピストンに付着している
カーボンを磨いて、ガスケット取り替えておこう。

KDXも段々と、改造する方向が決まってきたので
脳内イメージ(俗に“妄想”)が広がる。

P.S チャンバー焼きをしようと思うのだが、近所で出来る場所がない。。。
行きつけのバイク屋に、特設焚き火場(笑)があるので、焼かせてもらおうかと思って持っていったのだが、運が悪いことに、今朝、年末掃除代わりに薪を全て燃やしてしまったとさ。。。
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://rcledlife.blog95.fc2.com/tb.php/178-ec709d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。